所有彩票app下载

チチェスター大学
経営学部イベントマネジメント専攻

群馬県立館林女子高校出身
イギリス?オーストラリア留学コース2019年卒

2020

7.30

【海外留学科卒業生?現地レポート】
イギリスの大学でビジネスを中心に専攻中!

※記事の内容は2019年時点のものです

日本人ほぼなし!少人数でアットホーム。密度の濃いイギリスでの大学生活。

私は現在、イギリスのWest Sussex にあるUniversity of Chichester に通っており、Business school のEvent Management とInternational English studiesを3 : 2の比率で取っています。座学の授業はlecture、class、seminar の3種類があり、私の学科ではlectureはなく、classとseminarの授業を行っています。この2つは先生の話を聞くだけでなく、自分達の意見を出し合いながら進めていく授業スタイルです。授業時間は短いものだと1コマ90分、長いと3時間です。3時間の場合だと時間内に30分の休憩が組み込まれます。
 
この大学には多くの留学生がいますが、現在日本人は大学全体で5人しかいないため、授業が被ることもなければ、大学内で会うこともほぼありません。なので、日本語を話す機会はほとんどなく、毎日英語だけでの生活を送っています。留学生の多くはヨーロッパから来ていますが、中には英語圏のアメリカやオーストラリアから来ている人や、アジア系の人など100ヵ国以上の生徒が集まる学校なので、とても国際色豊かでオープンな大学です。
 
私の学科は特に少人数体制の授業を行っているため、基本的に人数の多いクラスでも20人を超えることはありません。授業中に分からないことがあればいつでも先生に聞くことができます。留学生サポートの先生も学内におり、勉強以外のことでも問題が発生したら助けてくれます。実際に、私が病気になっていたとき、その先生が私の寮までわざわざ食事を届けてくれました!
 
また、大学の方針として、全ての授業において始まる前に説明されたことが、「分からないことがあればいつでもどのスタッフに頼っても答えやアドバイスを出しますし、もしその人が答えられないのであれば、必ず分かる人を紹介します」というものでした。なので、先生やスタッフと生徒の距離感が良い意味で近く、留学生でもとても過ごしやすい大学だと思います。

「海外に進学したい」という夢をJCFLで実現しました。

私は叔母の影響により、幼い頃から海外での生活に興味があり、学生生活を海外で送りたいという夢がありました。両親も留学することについて反対はなかったのですが、中学、高校ではなかなかタイミングが合わず、日本の学校に通っていました。高校では1?2年生向けにNew Zealand (NZ)への短期語学留学があり、私は2年とも短期留学への切符を手に入れることができ、2度NZに渡りました。たったの2週間の留学でしたが、現地の高校に通い、ホームステイをしました。この経験から今まで以上に留学したいという欲が高まり、高校卒業後JCFLに入学しました。
 
JCFLでは海外大学入学に必要なIELTSという試験に向けての勉強もでき、また、ネイティブの先生から、Marketing(マーケティング)やPhilosophy(哲学)、Biology(生物学)などの授業を海外大学式の発信型スタイルで受けることができます。ネイティブの先生方は私達に分かりやすく、ゆっくりはっきりと話しながら授業を進めてくれたので、英語を日常的に聞き慣れていなかった私でも理解することができ、分からないことがあればいつでも質問に答えてくれました。JCFLでの1年間は本当にあっという間でした。 私は夢に近づくための大きな一歩をJCFLで踏み出すことができたと思っています。また、同じ夢を持つ友達がたくさんでき、JCFL在学中は良きライバルとして支え合いながら共に勉強し、現在はお互い励まし合いながら色々な相談をし合ったり、自分達の経験などをシェアしたりして楽しく留学生活を送っています。私にとってJCFLで出会えた友達は一生の友です!

各国の友人と楽しいキャンパスライフを送っています。

今ではイギリス人はもちろん、イタリア人、スロバキア人、南アフリカ人の友達もでき、大学外へ一緒に出かけるほどの仲になれました。現地の友達を作ることは、自分の気持ち的にも英語力を上げるためにもすごく良いことだと思いますし、さらに留学生の友達を作ることでお互いの経験やカルチャーショックだったことなどを色々シェアできました。色々な国の人と関わることで、自分の知識を広めることもできていると思います。
 
私は現在、大学の外にある寮に住んでいます。食事付きではないので毎日自炊をしたりフラットメイト(ルームメイト)とご飯を食べに行ったりしています。日本食がない生活に慣れるにはなかなか時間がかかりました。カップラーメンやお味噌汁は渡航の際の必需品です!!
 
また、私の大学はイベントが盛んです。カラオケやディスコなどの弾けたイベントから国際関係を築くための交流会やクイズ大会などが行われます。私が参加したイベントの中で1番すごかったものは「Foam party」という泡フェスのようなものでした。今では日々楽しい大学生活を送っています!